スナフキンの声優さん

「ムーミン」のスナフキンの声優さんがお亡くなりになりました。
俳優で声優の西本裕行さん。88歳だったそうです。
ご冥福をお祈りいたします。

お亡くなりになられて初めてお顔を拝見しましたが、
スナフキンに似てますよね。
ルパンの声の山田さんも、何となくルパンに似いてましたが、
長年同じキャラクターの声を演じていると、
似てきてしまうのでしょうか。

小さい頃から聞いていた、優しくて、シブくて、
かっこいいスナフキンの声。
子どもの頃、スナフキンの場面になると、
なぜだかホッとした気持ちになったことを
思い出しました。

我が家は玩具屋ですから、
ムーミンを題材にした商品もたくさんありました。
多くはムーミン一家の画ですが、
スナフキンとミーのものもありました。
お客様が迷っていると、スナフキンのものを
薦めたりする変な子どもの店番でした。

今から思うと、スナフキンは声だけでなく、
心にジーンとくるセリフを言うのです。

今週末はムーミンDVDの鑑賞会に決まり!!
早く借りにいかないとなくなってしまうかも
しれませんね。
大人になった今、スナフキンのセリフは、
どのように聞こえるのか楽しみです。

久しぶりの銀座とキャバクラ

銀座とキャバクラ。今日は二つのお話を。

まず一つ目は、先日、久しぶりに銀座へ買い物へ行った時の事。
下町生まれの下町育ちの私。
銀座という街はすぐそこにあって、昔からここって時には
銀座へ行っていたのですが、なんとなく、私にとって銀座は
近くて遠い存在。銀座で売っている玩具をみても、
私がほしいと思うものが一つもなかったのを記憶している。
けれど、先日銀座にフォーマル衣装を買いに行った。
良い意味で銀座のあり方が変わったように思え、
妙な抵抗感や場違い感が消えていたように思え嬉しかった。
帰りにデパ地下へ寄って洒落たサラダを買った。
下町にはなかなかない味でとても美味しかった。
これからは構えず気軽に遊びに行きたいなと思う。

さて、話はガラリと変わって、二つ目はキャバクラのお話。
東日本大震災発生から間もなく4年が経とうとしている。
被害を受けた仙台の繁華街で営むキャバクラの話が
先日テレビで放送されていた。
そのキャバクラで働くホステスさんの大半が地元の女性。
働く背景には震災が影響しているらしい。
悲しい背景を抱えつつも、笑って接客している姿に
4年経った今でも何も終わっていないんだと改めて気づかされた。
また一年、私もあの日の事を忘れず、できる事をして
生きていこうと思った。

あすなろ抱き

壁ドンからはじまり、肩ズン、顎クイと、
次から次へと色々な言葉が生まれています。
そして、今回はあすなろ抱き

男子が女子を背後からハグする形のことだそうです。
実はこれは、リバイバルで、
元はと言えば、柴門ふみさんの「あすなろ白書」という
マンガがドラマ化された際に、女子の心をメロメロにした行為です。
主人公がキムタクということも大きく影響しているとは思いますが、
当時の女子達の中で話題になりました。

当時、あすなろ抱きと言われていたかどうかの記憶はないのですが、
私も「いつか・・・」という期待に胸を躍らせたのを覚えています。

1993年のことでした。
あれから22年の歳月を経て、またまた話題になっています。
壁ドンが話題になった時は、若い女子と男子の世界で、
40歳を超えた私は、話のネタくらいにしていましたが、
あすなろ抱きまで発展すると、
何故だか急に、「私も~」という気持ちになります。

「普段は、40超えたら大人の恋愛よね」
なんて、カッコつけていますが、
あすなろ抱きを思い出した途端に、
心はあの若き日にプレイバックしてしまい、
壁ドンも、肩ズンも、顎クイも・・・
他人事では片づけたくなくなってしまいました(笑)

乙女の心が蘇りましたので、
今年は、決めていきますよ。

ガラホ

ガラホってご存知ですか?

小さいながらも玩具屋を営んでいる私としましては、
常に新しい商品を探しています。
本日飛び込んできたワードは、ガラホ。
新たな玩具かと思いきや残念。
携帯電話でした。

ガラケーの見た目ですが、
スマートフォンの機能が取り込まれた携帯が
登場するそうです。

実は、私、未だガラケー信者なのです。
新しいことにチャレンジしていきたいという気持ちはあるものの、
スマートフォンは便利だと思いながらも、
今更変えられずにおります。

携帯に対しては、
電話とメールが出来て、写真でも撮れればいいか。
これくらいの機能しか求めていないので、
敢えて新たな動きに慣れる必要性を感じないのでしょうか。

ガラケーだって、LINEもできるし、
Face Bookだってお手の物です。
唯一不便を感じていることは、スピードです。
スマホに比べると、やっぱり遅いのです。
あまりの遅さに、携帯を振ったりしますが、
速くなるわけがありませんね。

この度開発されたガラホは、
そんな私の小さな悩みを解決してくれる商品のようです。
機種変更、心に決めました。

発売は2月下旬のようなので、
今日はお店を閉めたら資料集めにauショップに行くつもりです。

ガラホの玩具も出して欲しいなぁ~

はたらいくで仕事探し

早いものでもうすぐクリスマスですね。
私が子供の頃は、クリスマス前になると、
当店は大忙しでした。
クリスマスプレゼントを買いに、
ひっきりなしにお客様がいらっしゃいました。
在庫がないものは、メーカーからお取り寄せし、
父は配達もしていました。

ところが、量販店の出店により、
クリスマスプレゼントを当店で買うお客様は年々減りました。
売上はガタ落ちです。
お店の前に置いてあるガチャガチャが当店の稼ぎ頭です。

家賃はかからないし、私が1人細々と暮らすには十分ですが、
43歳独身、細々とで良いのかという疑問が湧いてきました。
一日中お店に居れば、出会いもなく、
このままこうして年をとっていくのかと思うと、
とても寂しくなるのです。

父から継いだお店ですから、閉店は考えていません。
でも、お店と別の仕事と二足の草鞋を履いてみようという
そんな気持ちになったのです。

お店は暇ですので、ネットで仕事を探すには最適な環境です。
今お気に入りのサイトは、「はたらいく」です。
「はたらいく」は、条件によって仕事を探せるという、
二足の草鞋を履きたい私にはピッタリの求人サイトなのです。

応募はまだ1社もしていません。
平日の朝8時~10時及び土日の仕事を探しているのですが、
ここまで勝手な条件の求人は、「はたらいく」でも数は多くありません。

お店を午後からの開店とすれば、もう少しあるかもと、
二足の草鞋に向けて試行錯誤中です。

尊厳死

今朝、29歳の女性が尊厳死を選択したという、
衝撃的なニュースを見ました。

彼女は、末期の脳腫瘍で余命6カ月と宣告され、
ご主人とお母様と3人で、
尊厳死法が成立しているオレンゴン州に移り住み、
11月1日に医師から処方された薬を飲み、
29歳の人生に幕を引きました。

ニュースで流されていたインタビューでは、
自殺だという見方をする方、
尊厳死として納得をしている方、
賛否両論ありました。

どちらの意見も間違ってはいないと思います。
もしも、私が彼女と同じ状況になったなら、
どのような選択をするのでしょうか。

余命を宣告されて生きるということ、
肉体的な苦痛、精神的な苦痛が伴うのでしょう。
自分だけではなく、その姿を傍で見ている、
家族、友達・・
本人以上の苦痛を感じるのでしょう。

彼女は、もしかしたら、
自分に襲いかかる苦痛よりも、
大切な人達に襲いかかる苦痛を、
取り除きたかったのではないでしょうか。

彼女はご主人に、
新しい家庭を持って、
パパになって欲しいと言っています。

お別れすることはとても辛いことですが、
一日も早く、自分の大切な人達が、
前を向いて歩き出してくれることを
選択したのではないでしょうか。

現代の医療では、
一日でも長くこの世に肉体を残すことが可能です。

延命治療をするかしないか?
こんなクエスチョンがありますが、
ここまで進歩した医療があるからこそ、
尊厳死という選択があっても良いのではないかと
考えさせられました。

ブリタニーさんのご冥福をお祈りいたします。

ふなごろー仕入れ時?

私の玩具屋は、下町という場所もあり、
また長年の歴史もありで、流行り物を並べることは
何となく避けてきた。

最近のおもちゃ市場は、妖怪ウォッチが大人気。
けれど、昔から大活躍のドラえもんやキティちゃんも
安定の人気を推移している。

私の玩具屋は、キャラクター物やゲーム物の品数は少なく、
昔からある、トランプやボードゲーム、けん玉やおはじき、
めんこ、かるた、塗り絵、ボールなど、どちらかというと
駄菓子屋的な要素のほうが強いかも知れない。

けれど、今の時代、キャラクター商品でなければ
売れないと言っても過言ではない中、
2年ほど前から人気が衰えないふなっしーに
なんと弟が出来たというではありませんか。

その名もふなごろー
しかも56番目の兄弟だということに驚きです。
ふなごろーには賛否両論あるようですが、
とはいえ、ふなっしーの弟。
これからのクリスマス商戦に向けて、
ふなごろー商品を並べてみようかと密か思案中です。

といっても、お店のポリシーは曲げたくありませんので
ハンカチや小さなマスコット、キーホルダー辺りを
店頭に少しという構想です。

個人的には、ふなっしーよりふなごろーが好きです。
小さな緑の角(触角?)が可愛いです。

ふなごろー人気はどうなるかな?

集中豪雨

日本全国、豪雨による被害が出ていますね。
東京でも、昨日は集中豪雨による被害が
あちらこちらで出ていました。

本日も変なお天気です。
ちょっと前にも、雷とともにザーッときました。
ここ数年、こんな雨が降ります。
明らかに気象が変わってきています。

スマホで送られてくる、防災速報。
地震のためにソフトをインストールしましたが、
最近は、地震より豪雨速報のお知らせが
多いような気がします。

「80ミリの雨が予想されます」と言われても、
一体、80ミリの雨がどれほど凄いのかが、
今一つ分からなかったのですが、
昨日の東京の集中豪雨で、
台東区に100ミリの雨といって、
ニュースで映像が流れていたので、
100ミリとは、これ位のことなのかと、
うっすらと分かったような気がします。

でも、こんなに簡単ではないですよね。
1時間に100ミリなのか、
〇〇分で100ミリなのか、
更に、その雨が、どれ程の長い時間降るのか。

東京23区ですと、
崖崩れってピンとこないのですが、
実は、可能性がある場所は、
驚くほど多いのですよね。

それと、川の氾濫。
豪雨対策は十分にとっていると思いますが、
限度はあるのでしょう。

気象の変化で、今までの日本とは異なる現象が起きる。
このことは、よ~く頭に入れて、
過信しないことが大切ですね。

転職をするということ

私は玩具屋の娘として生まれ、
店舗で働く両親をみて育ち、
お店を引き継ぎたいと願っていたわけ
ではないけれど、玩具屋を継ぐことに
違和感を覚えたことはなく、
当たり前に今、玩具屋を経営している。

卒業した学校は、専門性がある学校ではなく
至って普通の学校の文学部。
何となく国文学を専攻した。

学友が就活をしている中でも私は、
何一つ活動をすることはなかった。

私は一度も、就活、転職をしたことはない。

学友の一人が、先日転職をした。
この歳になると簡単に転職先が見つかるわけはなく
希望条件も当初のものとは大きく変わり、
自ずと生活スタイルも大きく変わったようだ。

転職するということは、人生を変えることなんだ。
自分の生活だけではなく、家族の生活も、
人間関係作りも、仕事習得も、
乗る電車も、食べるお店も、
色んなものをイチから作り上げて
いかなくてはならない。

それでも転職をするのか、
それなら転職せずにいるのか。
難しいな。

もし私が転職をするとしたら、
生まれて今日まで当たり前にあった全てを
変えるということ。
それはとっても大変なことだと思う。

玩具屋もこの先どうなっていくのか
不安は捨てきれないけれど、
どうにか生涯、玩具屋として生きていきたい。

花火の魅力

夏といえば、私は花火を思い出します。

私のお店は玩具屋ですが、夏には花火を並べます。
花火セットは勿論、線香花火やねずみ花火などの
単品も並べています。

私が小さかった頃は毎日のように、軒先で花火をしている姿を
見かけましたが、最近はほとんど見かけることは
なくなりました。
マンションが増えたり、煙や火災を気にしたり、
そんなことが原因なのかな。

花火は夏の風物詩で、とても魅力的です。
目でみても綺麗、耳で聞いても綺麗、
鼻で感じる煙も綺麗。
そして何より、花火は思い出を作ってくれるように思います。

家族との思い出、友達との思い出、恋人との思い出。

現代の子供たちにも花火をつうじて沢山の思い出を
作ってもらえたらと願いお店に並べているわけです。

さて私の花火の思い出は、大昔、恋人と花火大会へ行ったこと。
初めて二人で行った花火大会。
猛暑の中に浴衣を着て、手を繋いで会場へ行き、
寄り添って空を見上げていたっけな。
花火大会が終わって、二人小さな公園で線香花火したっけな。

それ以来、花火大会へ行くとあの日のことを思い出します。
花火のように美しく散ってしまった恋。

今年も花火大会へ行く予定ですので、
今年こそ良縁があるといいな。

独身の保険あれこれ

先日私のお店に、学生時代の友人が子供をつれて
遊びに来てくれました。

お子さんはまだ1歳半で、とても小さく可愛らしい男の子。
赤ちゃんや子供は無条件に可愛いです。

ああ、赤ちゃんや子供を見ると、私も欲しいなあ
なんて思ってしまいます。

さて、その友人はこれから、保険屋さんに相談へいく所だったそうで、
お子さんの学資保険やら、保険あれこれを見直すのだとか。

その話の中で、「独身保険あれこれってあるみたいよ」と言われまして。
まだ結婚を諦めたわけではないのですが。
と言いかけましたが、独身保険も気になったのでグッとこらえ。

彼女の話だと、独身は大きく分けると二つにわけられ、
一つ目はずっと独身の場合、二つ目は、今は独身でも将来は結婚を考えている場合。

生涯独身で、結婚を将来も考えていない場合は、
一般的には葬儀代の準備があれば掛け捨ての死亡保険は不要。
葬儀代ぐらいは自分で用意したいと考えているのであれば、
終身保険で200万円から300万円程度加入しておくと良いそう。

随分詳しいなと思ったら、彼女もつい数年前までは独身を貫く
つもりだったそう。
でもひょんなことからスピード婚し赤ちゃんまで。

ということは、私だって(笑)
保険あれこれ、人生あれこれですね。

ホットペッパービューティーで変身

今日は珍しい記事を書きたいと思います。

数年前から世間では、婚活というワードが浮上し
最近では、普通なこととして認知され始めていますが、
実は私、来月早々に婚活を控えております。

お商売仲間のご縁で、近々お見合いにも似た時間を
持つこととなったのです。

最初は躊躇していたのですが、いざやるとなったら
本気でぶつかりたい性分でして、早速もらってきました
ホットペッパービューティー。
行ったことのないような美容室の数々、受けたことがない
施術の数々が掲載されていて、どこに決めたらいいのやら。

昔、おしゃれに敏感な友人から聞いたことがありました。
「ホットペッパービューティーで予約するとクーポン使えたり
ポイントが溜まるからいいよね」と。
早速、比較的近所で雰囲気がよさそうな美容室を予約しました。

ホットペッパービューティーには美容室しか載っていないと
思っていたら、ネイルサロンやエステサロンなど、
美に関するお店が沢山載っているのですね。

偶然、予約した美容室と同じビルに、ネイルサロンが入っていたので、
思い切ってそちらも予約しました。

色んな意味で結果はどうなるか分かりませんが、
とりあえずこの機会を存分に楽しみたいと思います。

乞うご期待

すごいな、保険あれこれ

私の20年来の友人が、1年程前に転職をしました。
長年勤めていた不動産業界の事務職を離れ、何と保険の営業マンへ。
思い切ったキャリアチェンジにとても驚きました。

転職後しばらくは、保険商品の勉強や、資格取得や、
それ以前に営業のイロハをイチから学んだりと、
毎日とても忙しくしている様子でした。

そんな友人と先日久しぶりに会いました。
それも街中で偶然に。

喫茶店で小1時間話をしました。
友人はすっかり立派な保険営業マンになっていて、
一生懸命に保険あれこれを語ってくれました。

生命保険、学資保険、自動車保険、災害保険、
所得補償保険、がん保険、バイク保険、
海外旅行保険、ペット保険等々。

もっともっと沢山説明をしてくれたのですが、
私の記憶にあるのはこの程度。
保険あれこれは想像以上に情報量が多く、
これをこの短期間で覚えて説明ができる程になった友人、
学生時代から、遊び呆けていた私とは違い、
一生懸命に学問に取り組む人でしたが、
20年という月日を経てもなお、
勉強をし続ける姿に、頭の下がる思いでした。

一通り語り尽くすと一気にコーヒーを飲み干し、
新しいお客様に会うのだと颯爽と去っていきました。

保険、真剣に考えなくてはと思い改めた今日この頃。
まずは、もう一度、保険あれこれを整理してみようと思います。

保険あれこれCMもあれこれ

先月保険の見直しをしてから、少しだけ保険に興味が出てきました。
興味と言っても、今まで素通りしていた保険のCMをじっくり見るくらいです。

少し気にしていると、1日何本流れているのか、見ない日はありません。

アフラック、チュリッヒ、ライフネット生命・・・
皆さん、この文字を見ただけで、何となく歌えませんか?
耳に残りますね。

アフラックはブラックスワンというキャラクターを作り、
シリーズ化したCMになっています。
住友生命は、浅田真央さんの起用、
日本生命は、高橋大輔さんの起用
いかに、視聴者の目にとまるかと、各社工夫を凝らしています。

ただ、かつての私のように、
保険というものに興味がない人にとっては、
起用されている有名人やキャラクター、歌だけが記憶に残り、
保険あれこれについて考えようという気にはなりません。

そんな人のために、総合窓口へ行こうなんて
ダイレクトに訴えるCMもありましたね。
確か、あれもアフラックでした。

保険のCMとは、いざ加入しようと思った時に、
記憶に残っていた印象をもとに、検索を開始する方が多いのでしょうか。

保険あれこれ興味が出てきましたので、
各社のCMを楽しみながら、少しずつ知識を増やしていきます。

保険あれこれ見直ししていますか?

先日、知人が病気になり、
保険が適用されて本当に助かったという話を聞きました。

保険あれこれありますが、
思えば、保険って、一回契約したら、
その後は、口座から毎月の引き落としがあるだけで、
何も考えずにいました。
保険の営業さんが友人でない限り、
私のような方は多いのではないでしょうか。

私が保険に入ったのは、7~8年前です。
まだ会社勤めをしていた頃、会社に来ていた保険の営業さんに誘われ、
保険あれこれ、お話を聞きましたが、
あまり良く理解もせずに、
月々いくら払えば、
もし病気になったら、ガンになってしまったら、死亡したら、
いくら貰えるんだぁ。
そんな感覚で契約をしました。

幸せな事に、その後は病気もせず、健康そのものですので、
敢えて見直すこともなく、時が過ぎております。

今回の知人の事をきっかけに、
改めて自分の契約内容を確認しましたが、
やはり、不得意分野で、何が良いのかわかりません。
保険あれこれ、ネットで調べてみると、更にわかりません。

結局、久しぶりに営業の方に連絡し、
お会いすることとなりました。

今契約している保険を丁寧に説明していただき、
且つ、ヒット商品のご説明を受け、
掛け金のからくりは良く理解できませんでしたが、
もう少し保障額の高い商品に切り替えました。

保険はあくまでも保険なので、
使うような事態が起きないことが最も望ましいのですが、
皆さんも一度、ご自身の契約を見直してみてはいかがでしょうか。

モノダス2014、すごいですね

人伝に聞いて、初めて読んでみました。
モノダス2014。

いやあ、これはすごいですね。
ヒットした商品の辛口評価がまとまっているのですが、
あの商品の評価、この商品の評価。
モノダス2014が正しいとは言い切れませんが、
ひとつの大きな指標になることは間違いないですね。

と客観的に語っているように見えますが、
私もモノダス2014を読んでからというもの、
おもいきり頼りにしております。

寒さ耐え難いこの時期の必須アイテム、
耐熱性インナーも各社製品の良し悪しが出てますね。
今まではそんなこと意識しておらず、
価格や知名度だけで購入してきましたが、
どんな小さな買い物でも、比較検討するというのは
今や当たり前の行為なのかも知れません。

私の玩具屋は町の小さな店舗なので、
大型店舗や有名店舗と勝負しようと思っても
価格では勝ち目はないに等しく、商品のバリエーションや品数
においても、なかなか勝てる見込みはありません。

けれど、昔ながらの玩具屋さんと言うだけあって、
仕入ルートも特殊なものがあり、店頭にはないけれど、
注文を受けて確実に取り寄せる力はあるのではないかと
自負しています。

モノダス2014から脱線してしまいましたが、
今の時代、他社比較をするのが当たり前の時代ですから、
オンリーワンの何かを失わずにいきたいものです。

今年の漢字、「輪」でしたね。
実は毎年、今年の漢字を密かに予想している私です。

今年の予想、当たりました。五輪の「輪」。

「輪」って良い字ですよね。
人々が手を繋いで、円をつくり、
コロコロと廻って先に進んでいくような、そんな感じがしませか?

金輪際という言葉がありますが、
これは、仏教で大地を支えている輪のことを言うそうです。

月の輪、指輪、知恵の輪、車輪・・・
輪を使った言葉は沢山あります。

玩具屋にあるものと言えば、知恵の輪。
皆さん、子供の頃、一度は遊んだ経験がおありだと思いますが、
私は何度やっても上手にはずす事でできなくて、
悔しくて泣いていた事を覚えていますが、
今は、知恵の輪先生として、どんなものでもはずせますよ。

お店に来てくれる子供達の前で披露すると、
殆どの親御さんが、購入してくださいます。
私のたった一つの営業です(笑)

話はそれましたが、今年の漢字「輪」
改めて、良い年だったのだなと思います。

そして、2020年の東京オリンピックまで、あと7年。
日本中の人々が手を繋ぎ、輪をつくって、
準備できると良いですね。

五輪の知恵の輪って確かあったような気がするので、
お店に来てくれた子供達全員に
一本ずつの輪が繋がる美しさを伝えていきたいと思います。

フロムエーナビすごい

私の玩具屋さんが、何故だかこのところ忙しくなってきました。

理由は分かりません。
シーズン的なものもあるとは思いますが、私のお店は下町の小さな小さな
玩具屋さんなので、忙しくなることが不思議です。

一人一人のお客さんにきっちり接客をと思うと、物理的に一人では難しくなり、
初めてフロムエーナビに掲載をしてみました。
小さな小さな、写真もない小さな記事です。

すると、10名程度の応募がありました。
せっかくなので一人一人と面接。。。という名のお茶会をしてみました。

皆さん真面目。クチを揃えて開口一番、「フロムエーナビを拝見しまして」と言います。

こんなお店に応募してくるだけあって、みなさんとても個性的。
玩具に対する思いや、下町に対する思い、昨今の玩具市場に対する意見や、
自分の愛する玩具の紹介など、それはそれは有意義な時間でした。

できることなら、今回ご縁があった皆さん全員を採用してあげたいところなのですが、
小さな小さな玩具屋さんにはそんな力はなく、二人だけ採用。

今日もここで頑張ってくれています。

フロムエーナビは求人情報サイトでありますが、見方を変えると、
似たようなタイプの人間と縁に出会うことが出来るご縁サイトなのかも知れませんね。

やなせたかし氏ご逝去

アンパンマンの生みの親、やなせたかし氏がご逝去されました。
謹んでお悔やみ申し上げます。

アンバンマンといえば、1988年にテレビで放映されて以来、
25年間に渡り、子供達から不動の人気を得てきたアニメ。
日本中、知らない人は居ないでしょう。

うちの玩具屋も、アンパンマンのおかげで、
随分と良い思いをさせていただきました。

アンパンマンさまさまです。
その生みの親ともなれば、やなせたかし、さまさまさまです。

一昨日から、テレビでは、やなせたかし氏のこと、
なぜアンパンマンが生まれたのかといようなエピソードを紹介しています。
こんなにお世話になっていたのに、お恥ずかしながら、
背景を何も知りませんでした。

おなかをすかせた人がいると、自分の顔を食べさせてしまうヒーロー。
こんなヒーローが生まれた背景には、やなせたかし氏の過酷な戦争体験が
あったといいます。
主題歌は、弟さんの特攻隊での死を想い作られたとか。

改めて歌詞を読んでみると、
人が生きること、生き方の基本が綴られているのですね。

「そうだ!嬉しいんだ生きる喜び」
「何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ」

大人になっても、皆がこの歌を口ずさんでいれば、
メンタルの病なんて、ふっとんでしまいそうですよね。

全ての地区で、成人式の会場で、
この歌詞を目で見て歌うというコーナーを設けたらどうでしょうか。

リクナビネクストの真意

商売仲間の息子さんのお話。

2013年3月に無事大学を卒業されて、無事就職したものの、
半年たった今、リクナビネクストを利用して
転職活動をしているそうな。

私は生まれてこの方、ずっとこの商売しかしてこなかったし、
転職なんてことは一度も考えたことがなかった。
考えられる環境ではなかったともいうが。

転職なんて知りもしない世界なので、リクナビネクストを覗いてみると、
私のイメージよりも求職者目線な仕組みになっていて驚いた。
私の描く転職イメージは負け組的なものだったので、
自分で選ぶというよりは、企業に選んでいただくという感じだったからだ。

職種、勤務地はもちろんのこと、残業可否や転勤有無、従業員数に設立日、
会社規模、資本金等、求職者が必要条件を指定していき、
検索をかけ企業を選ぶという流れ。

それにしても、そんなに条件ばかり気にしていていいのだろうか?
条件こそ揃っていても、根本的に「一生勤めあげる覚悟」がなければ
きっとどこの会社へ入社しても、何回転職をしても続かないのではなかろうか。

もし私がリクナビネクストを利用するとしたら、年齢・学歴がクリアしていれば
オッケーとするだろう。(せざるを得ないともいう)

とにかく、身近な人間の転職=定職が成功することを小さく願う残暑厳しき今日この頃。